2015年4月16日木曜日

[R]9.武藤彩未1stアルバム「永遠と瞬間」洗練された空気感、近未来的サウンド。でもどこか懐かしい!そんなアルバム(全力レビュー)




4月29日 武藤彩未バースディライブ「Birth」(渋谷公会堂)に向けて、
改めてソロデビュー1stアルバム「 永遠と瞬間」を紐解いていきましょう。


[武藤彩未ちゃん紹介記事はコチラ]


「収録曲」
1.宙
2.時間というWonderland
3.彩りの夏
4.桜 ロマンス
5.とうめいしょうじょ
6.A.Y.M .
7.女神のサジェスチョン
8.永遠と瞬間
9.Seventeen[セブンティーン盤Bonus disc]



以下カッコ内は(作詞/作曲/編曲)の順

■1.宙
(mavie/Takeshi Asakawa・本間昭光/篤志)
1stアルバムのリード曲。唯一のmavie(girls talk)作詞、Takeshi Asakawa(Flow)と本間昭光氏の共作。スピード感の心地良い、渇いた都会的サウンド。歌詞は過去現在未来が交錯するような巡り会いに心が揺れる気持ちを表現していますね。"生まれてきた謎が解けていく"ってキュンとしますね。

■2.時間というWonderland
(森雪之丞/本間昭光/nishi-ken)
可愛らしい音色のシンセリードで始まるワクワク感がたまらないスピーディーな曲。nishi-kennさんの音色は本当センスが良い!森雪之丞氏の歌詞は比喩がすごい!歌い出しの”たぶん...夢を見る人は 旅人ね"というフレーズにぐっと引き寄せられますね。そして時間というWonderlandを大切な人と過ごす日々、四季のうつろいに彩りを添える様子が、心が温まります。

■3.彩りの夏
(森雪之丞/本間昭光/nishi-ken)
2に続いて同じ作家陣ですが、ワンフレーズゆっくりから始まり、小気味のより4つ打ちのリズムが続きます。爽やかに彩られる夏のひととき。緩急織り交ぜたサウンドながらも、乙女の一貫した強い意志を歌ってるのが夏の雰囲気と相まって良いです。nishi-ken氏のキラキラした音色が効果的!

■4.桜 ロマンス
(三浦徳子/本間昭光/KAY)
ゆっくりめなミドルテンポの桜ソング。桜の舞い散る切なさに失恋の切なさを重ね合わせてしんみりとなるけど、それが青春と笑い飛ばそうとする姿が、ジンときますなぁ。マイナー調のメロディーだけども前向きな歌詞が良いですね。

■5.とうめいしょうじょ
(三浦徳子/本間昭光/太田雅友) ピアノが印象的な曲。ピアノの透明感とゆったりしたテンポが歌詞の不思議な世界観をより深い味わいにしてます。

■6.A.Y.M.
(森雪之丞/Takeshi Asakawa/篤志)
AYAMIの頭文字A.Y.M.をモチーフにマイナー調のメロディーに切ない歌詞が良いですね。唯一のTakeshi Asakawa曲でテンポも早く、A.Y.M.の振り付けなどライブでは盛り上がりそうな曲。

■7.女神のサジェスチョン
(三浦徳子/本間昭光/nishi-ken)
6とは一転して可愛らしい歌詞とnishi-ken氏の明るいアレンジが元気いっぱいな彩未ちゃんのイメージに合ってます。

■8.永遠と瞬間
(森雪之丞/本間昭光/KAY)
ピアノイントロから始まる1stアルバムタイトル曲。ミドルテンポでラストを飾るにピッタリの雰囲気。ラストも森雪之丞先生のリリック。大切な人と過ごす瞬間を大事に積み重ねていく"何気ないでも愛しいその瞬間が大事な永遠のかけら"と歌う彩未ちゃんの力強い歌声に心揺さぶられます。

■9.Seventeen
(稲葉エミ/本間昭光/nishi-ken)
[セブンティーン盤]に入ってるBonus disc収録曲。自動販売機用アイスクリーム"セブンティーンアイス"のタイアップ曲で、爽やかなピアノイントロが印象的。そしてアップテンポのキラキラサウンドはnishi-ken氏のトレードマーク。しかし、このSeventeenの最強感は何だろう?w夏っぽいイメージでそして何と言っても稲葉エミさんの歌詞が沁みるなぁ。 ダンスも可愛いので、是非観てみんなで踊ろう!


アルバム全体としては、時間がモチーフになってます。作曲は主にプロデューサーでもある本間昭光氏自身が手がけ、歌詞は80'sからJ-Popを作ってきた森雪之丞、三浦徳子両氏を起用。編曲に新進気鋭のnishi-ken氏と篤史氏をフューチャーしてどこか懐かしいけれど新しい、時間を超越した、まさに"永遠と瞬間"の名盤ですな。発売当時17歳の武藤彩未ちゃんの可愛くパワフルな歌声に最強の楽曲を携えた衝撃の1stアルバム。とにかくかっこいい!

グループアイドル全盛の時代に、あえてソロアイドルとして1番を目指す彩未ちゃんを応援せずにはいられませんよね。




いよいよ今月4月29日に迫った武藤彩未バースディライブ「Birth」2015(渋谷公会堂)
ソロ初のホール公演。
そして6月9-10日にも"A.Y.M.Rocks"ライブが決定し、
10代Last Yearとなる武藤彩未ちゃんからますます目が離せません!





[Links]
武藤彩未 Official site
http://www.mutoayami.jp

さくら学院
http://www.sakuragakuin.jp

Babymetal
http://www.babymetal.jp

「A.Y.M. Rocks」HP先行(4/13 18:00-4/19 23:59)
http://w.pia.jp/s/muto15hp/


[Hash tags]
#武藤彩未 #LoGiRL #IroDOLi #Babymetal #さくら学院


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...