2015年4月7日火曜日

[R]7.第1回LoGiRL さくら学院「放課後!学んdeマンデー」文字起こし。Babymetalはさくら学院を広める武器!



(メンバー着席、前列左から、水野由結、菊地最愛、田口華、後列左から野津友那乃、磯野莉音) (拍手)


由結「さぁ始まりました!さくら学院、の、放課後!学んdeマンデーです。」
全員「いえーい」(拍手)

由結「LoGiRL全体の配信、一発目ということですごい緊張するんですけど、一生懸命がんばるので、皆さんよろしくお願いします。」
全員「よろしくお願いします。」

由結「はい、この番組、この番組は私たち成長期限定ユニットさくら学院、放課後!学んdeマンデーということで、えっと、いままでいつもやっている公開授業イベントだけでは見せきれない私たちの魅力を皆さんに存分に見ていただく番組なんです。」

最愛「はい、私たちさくら学院は、学校生活とクラブ活動をテーマに活動していて、いろんな分野で個性を全開に花咲かせていく成長期限定ユニットなんですけど、うちらのさぁ授業でさぁ、絶対欠かせないさぁあのすばらしい先生がいるじゃん素晴らしい」
莉音「あぁいるね。」
最愛「素晴らしい先生くるのかな 」
友那乃「くるかなぁ。多分もぅそろそろくる時間だと思うんですけど。」
莉音「ね。遅刻だね」
友那乃「そうだね。」(笑)

友那乃「因みに森先生というのは、私たちさくら学院の担任の先生なんですよ」
全員「そうそう。」
華「森先生ね今日ね、顔パスで入ったって言ってた」(笑)
華「もぅねぇ、森先生そこにいるから。」

 (森ハヤシ先生登場)



 森「いやいやいや、お前らさーどうもどうもすいませんすいません。ねぇすいませんさくら学院の頼りぇ、頼れるエアバックこと森ハヤシですぅ。ねぇ初っ端噛みましたけどどうもすいません森ハヤシと申しますけれどもね、どうもすいません。一応担任をやらせてもらってまして、皆さん今のね、始まりの1分間を見てわかるように、ガチガチですこの人たちね。」(笑)
森「あの水野のもね、台本を必死に覚えてきた感じが丸出しで、みんな一字一句読もうとしてますけど、いいんですよそういうのは。なんだその反応の無さは!怖すぎますよ。」

森「なんですか野津さん。」
友那乃「緊張し過ぎて、話が右から左に全然通ってく。」
森「やめてくれよ、俺ですら緊張してるっていうのに。一発目だからってスタッフさんも浮足だってますね。でしかもね、本当に生ですから。生です生です。だからもぅ、あのーだいぶ事故ると思います。先に言っておきます。」(笑)

森「あのこの番組さくら学院を一発目にまかせたテレ朝さん、あなた方が間違ってますよ本当に。これはもぅミスキャストですけれどもね!それでもとにかく自由にもぅ台本とか気にしなくていいです。もう、ほら、普段のライブでは硬い感じでさぁしっかりこぅフォーメーションきっちり決めてる訳でしょ。この番組では生々しいさくら学院、とりあえずそういう感じ。もぅダメ、ダメな部分をどんどんどんどん、皆さんに観てもらいましょうよ。」

最愛「しかも地方の方とかも観れるってことですよね?」
森「そうですそうです。そういう優等生発言とかいりませんから、菊地さん。」
最愛「はい。」
森「出ましたねぇ早速。いいんですよ。もっとダメな菊地さんをね、見せていただいてね。水野さんもね始まった瞬間にね、水をぶちこぼすというね。」

由結「なんで言うんですか!」(笑)
森「いやいや、言いますよ。もぅ水野が最初俺が出でくるまで一人で仕切るっていうんのでがちがちが凄かったね。(由結のモノマネで)ゔぁんぶみが始まりました。とかね ゔぁんぶみがって。大丈夫ですか、はい。あのーちょっと待ってください。俺が黙ると急に静かにやめてもらえます。」

森「トーク委員長。」
友那乃「はい。」
森「ここあなたの見せ場なんですよ、ここは。」
友那乃「えーでも、なんで友那乃が後ろにいんですか。トーク委員長なら普通前じゃないんですか!」(笑)

森「確かにね、野津はねーいつもそういうポジションでね、あの今日も苛立ってるという。」
友那乃「不満ですよ。ハナから」
森「いや、でもほらねぇ、他にもね今日来てないメンバーもとかもいるし、ほら立ち位置とかもね、その出来次第で変わってくるかもしれないし。」
友那乃「はぁまぁ。」

森「ね、はい。さぁさぁさぁじゃぁまぁ早速始まってね、皆さんを知らない方もいると思うんで、自己紹介というか、まぁ僕がいつも出席をね、取らせてもらってるんですけどもそういう形でちょっと自己紹介をね、えーしていきたいと思います。」
森「はい。まずはじゃぁ、みなさんひとりずつじゃぁ僕がよんだら自己紹介を、まだ緊張してるのかよ、水野。いつも言い慣れてるやつだよ。」
水野「えっ!?」
森「いやいや、自己紹介初めての人?もしかして。いいですね。」

森「はいじゃぁ出席を取ります。まずは菊地。」
菊地「はい!・・・いきます。」(笑)



森「ちょっと待ってください!返事だけで終わろうとするのやめてくださいね。」

最愛「最も愛を大切に!中等部3年生徒会長の菊地最愛です。よろしくおねがいします。」 森「はい、よろしくおねがいします。」
全員「いえーい。」(拍手)

森「なんか意気込みとか言ってくださいよ、せっかくこのぉ。」
最愛「LoGiRL?」



森「それは意気込みとは言いません。LoGiRLはただのポーズですけれども。」

最愛「これは、色んなアイドルさんが出るんじゃないですか?」
森「そうです。そうです。」

最愛「しかも、木曜日だっけ?水曜日?卒業生の武藤彩未ちゃんが出るので、なんか色々面白いコラボとか色々出来たら良いな、って思ってます。」
森「確かにね。おしゃべり上手ですからね。ちょっとあそこを超えらるように番組作りをねぇ、していきたいと思います。」



森「続いて水野。」
由結「はい。さくら学院中等部3年プロデュース委員長の水野由結です。よろしくお願いします。」
森「はいはいはいはいはいはい。」
全員「いえーい」(拍手)

森「水野。あるだろ、だから水野らしさ水野らしさ。」
由結「えっと、緊張し過ぎて、えーっ、カメラが怖い。」

森「怖いんだもぅ。大丈夫そんな人がねぇまぁ、そんなドキュメントを楽しんでください。顔が白すぎるというカンペが出てますけど大丈夫ですか。」
森「水野さん顔白いって、それどーしよぅ、どーしたらいいんだろうそのカンペでね。はいはいはい、がんばって顔赤くしていきましょうね。どんどんね。」



森「さぁ続きまして、田口。」
華「はい。皆さーん元気ですか!」
全員「いえーい。」

華「元気があれば何でも出来る。さくら学院中等部3年。気合い委員長の、せーの。」
全員「たぐちぃはなぁー!」
華「よろしくお願いします。」
森「よろしくお願いします。」(拍手)
森「ま、ちょっと、スタジオにねあのディレクターさんとお偉いさん1人しかいないんでね反応が返ってこないからね、寂しんですけれども。皆さん是非カメラの前でね、これね、だぁーとか言って頂けると。コメントとかも何か、あのこれで送れるんですか?あの皆さんのご意見とかこっちに届くようになってるんで。はい、ハッシュタグ"LoGiRL"で。はい是非送って頂きたいと思います。」



森「続いていきましょう。続いては野津!」
友那乃「はい、えっと皆さんいませんけどいきますよ。友那乃じゃないよ友那乃だよ。えーありがとうございます。」
森「いつも会場でね言ってます言ってます。」
友那乃「中等部3年トーク委員長の野津友那乃です。本当すごい緊張しててあっ、顎が動かないんですけど。」(笑)

森「そんなことある顎が動かない。はいはい」
友那乃「笑いながら喋ってる状態なんですけど。」
森「はい。」
友那乃「まぁとにかく喋れるようにがんばります。よろしくお願いします。」 全員「いえーい。」(拍手)
森「目標低いですね、喋るのは基本ですからねぇもうねぇ。そういうトーク委員長でございます。」



森「さぁそして中等部2年からねぇ、来てくれました磯野。」
莉音「はい、中等部2年えっと、あの何だっけ。」
森「マジで。名前ど忘れする人いる!?」(笑)
莉音「はい、中等部2年磯野莉音です。よろしくお願いします。」
全員「いえーい。」
森「はい、よろしくお願いします。」(拍手)

森「なんだ磯野ひとりだけ中3に紛れて中2がひとりこう入ってきましたけど。」
莉音「でも、意外と何か自分らしく自由に楽しめば良いかなと思います。」
森「お前だけが頼りだよ。もぅこの4人の緊張感からするとお前だけ何かすごい穏やかな。してないでしょ緊張。」
莉音「はい。」
森「はっきり言って俺もしてるというのにねぇ。」

森「はいじゃぁ、でもまぁこの5人に加えてさくら学院てのは何人組なんでしたっけねぇ。」
最愛「はい、大賀咲希とシラサキ(白井沙樹)と倉島颯良と山出愛子と岡田愛の5人をプラスした10人で、今日も元気に成長中です。よろしくお願いします。」 全員「よろしくおお願いします。」
森「はい、よろしくお願いします。」

森「観てるんですかねぇ。他のねぇメンバー達はねぇ。さくら学院の。」
最愛「そうです。今、新幹線乗ってる人とか。」(笑)
森「新幹線!?途切れ途切れになりながら、電波、電波を探しながら観てるメンバーとかもね、えーいると思いますけども。」
森「じゃぁ早速ですけれどもね、授業をね、えー始ていきたいと、ま、公開授業というね、よくさくら学院でもやってるんですけど、この番組でもちょっと授業っぽく、さくら学院らしさが出るような、ちょっとね、という形でやっていきたいと思います。」


森「それでは行きましょう。起立!」
全員「えっ。」
友那乃「立つんですか?」
森「立ちます、すいません。」
最愛「おー立った。」
森「これはね構成外でもぅ誰かね、切れちゃってますけど、いいですね。」
森「気をつけ。礼。」
全員「よろしくお願いします。」
森「はい、よろしくお願い致します。」
森「着席。」

森「はいはいはいはい、もうもう、これでもう段取りはほぼ終わったようなもんなんで、もぅあとは皆さんの言いたいことをガンガン言ってもらうということ何ですけれども。」


森「まずね一時間目に行いたいのは・・・。」



森「すごい飲んでる人。すごい飲んでる人。すごい飲んでる人。そんなに飲むのもぅ。えへじゃないよお前。お前だけ減りがすごいなぁ本当に。」
森「はい、ということで一時間目は、歴史でございますね。えーまずはですね、まぁ多分知らない方も、いらっしゃると思いますんで、えーさくら学院のこれまでの歴史をね、振り返っていきたなと思いますけれどもね。」


(あたふた年表を探す)

森「はい、年表があるんですか?どこかに?年表、年表があるんですね?」
最愛「年表?どこにあるの?」
森「年表がそういえば頂いてないわ。いやぁ良いですね。この感じ」
森「モニターに出ました!」
最愛「なるほど。なるほど。」(笑)
森「さくら学院の歴史ね。こちらをちょっと見ながら。良いですね手作り感がすごくて。えー。」



森「えーまず。2010年の4月に、開講しまして、えーオリジナルメンバーさきほど水曜日を担当する武藤彩未、三吉彩花、松井愛莉、中元すず香、堀内まり菜、飯田來麗、杉崎寧々、佐藤日向の8人だっとと。」
森「つまりこのメンバーは、あの、みんな新しくね、入って。」
友那乃「新しく入ってきたメンバーで。」





森「これ、みんなね今こうねぇ、苗字だけだとあれかもしれないけどすごい活躍してんだよね。卒業生たちはね。例えばどんな人がいます。」
最愛「えっとさっき言った武藤彩未ちゃん、松井愛莉ちゃんとか。」
森「はいはいはい、ねぇ。ゼクシィの喫茶店でプロポーズされていた、松井さんとかね。」
華「愛莉ちゃんさぁポスターとか。」
全員「みたみたみた。」
森「ポスターがあって、あっ松井のそいうのを感じながら、あぁなりたいなと思いながらがんばっていったりする訳ですけど。」

森「さらにそのちょっと後、8月ですね。えー水野、菊地が転入してきたと。こっから2人の歴史はね、始まる訳ですけれども。これどうだ、転入して時の気持ちっていうのは?」
最愛「あの、実は、最初、普通にオリジナルメンバーとして活動してたんですよ。」
森「えっ!?うん。」
最愛「最初に、話したことある、ないよね!?多分。」
森「えっ、あー良いじゃんそういうの聞きたいんですよ。そういうの欲しいんですえー。」

最愛「最初に、私たちは本当は、一緒にあのぉデビューするっていうか。」
森「あっ、本当は転入する訳じゃなく10人でデビューするという。」
最愛「最初にその10人で出れるって思ったんですけど。あの私たちは転入生として、なって。」
森「本当それしゃべっていいやつ?じゃぁわかんないけどさ何か演出的な部分出てきたちゃってるけど。なんか、そっちのが。」

最愛「あのでも、そのおかげで私達がさくら学院の転入生の第1号として出れたので、やっぱそのきっかけを作れたのがすごく嬉しかった。」
森「あっ、なるほどね。どんどん転入というその後どんどん転入していくシステムがあるけど転入生の第1号、第1号という形でね、紹介されましたけど。」

森「水野はどうだったの?」
由結「えっ、私ですか?」
森「水野書いてねぇぞ台本には。お前台本捨てちまえお前の頭で。お前は頼りすぎお前は、もぅお前の言葉で行け!」(笑)
由結「えっと、私は、えっでも由結も、あのオリジナルメンバーとして活動するって言われたので、正直転入生って言われて、えって感じ。」
森「えっ。同じこと言ったなぁ。二人ともなぁ。」
由結「えだって、同じ気持ち。うん。」
森「同じ気持ち、ま、そこはね結構二人でね同じ気持ちでね同期ということでね、そこの絆も結構あったりすると思いますけども。」


森「じゃぁ年表続いていきますか?年表、出ます?年表出ないともぅ僕がもぅ慌てちゃいますよもぅこれ。」
最愛「出ました。」
森「おっと出ました。」

森「そして8月7日" Tokyo Idle Festival 2010"にてイベント初参加。ここで、えー初めてこう、さくら学院がスタートしたというか、皆さんにお披露目されたというかね。」




森「ここは、ここは、ここは居たんだよね、水野と菊地は。」
最愛・由結「いました。」
森「ここで合流したんだっけ?」
由結「ここで初披露。」

最愛「でも、これはオリジナルメンバーも初ステージ。みんなが初ステージ。」
森「あっ、そぅなんだ。はいはいはい。そこで転入してきたの?初ステージなのに?」
由結・最愛「はい。」
森「なるほどね。」(笑)
森「色々複雑な、大人の事情なんでしょうかね。解りませんけれどもね。」

森「はい、じゃぁ続いてそんなTokyo Idle Festivalがありまして。はい。えー、第一弾楽曲" 夢に向かって"を期間限定配信と。」




森「そして11月28日初単独ライブ"さくら学院祭☆2010"を開催というね。」
全員「うん。」
森「こん時まだ田口、他のメンバーまだいなくて。」
全員「いない。」
森「確かこんとき僕が初めてで。」
華・莉音「えー。」

最愛「なんか最愛ちゃんて言われて面白い。」(笑)
森「いやいやいやそうですね。あの。」
最愛「今は、先生と菊地とか水野って呼んでますけど。」
森「はいはいはいはい。」
最愛「あの時は、まだ最愛ちゃん由結ちゃん。」
森「それ言わなくていいです別に。キャラ設定崩れるようなことやめていいですか。ま、確かかにね、僕迷ってたんですよ。君達との絡み方がね、難しくて。」
全員「えー。」
森「でやっぱりこう何て言うんですか?"ちゃん付け"で呼んでて、しかもこの僕みたいなヴィジュアルの人が結構気持ち悪いなって自分で観て思って後で。で、そこはもぅちょっとあえてこう、えーあのはい苗字にさせてもらいました。僕のことをイジるのはやめてください」(笑)
森「はい、さくら学院祭がありまして、さらにありますか、その次が。」




森「はい、2011年、2月12日原宿アストロホールにて2回目の単独ライブとあります。そして4月27日に初のアルバム" さくら学院2010年度-message-"をリリースという。」





森「アルバムね、時々特典映像とかもね面白かったりね。はい。こん時のこと覚えてますか?アルバム。最初のアルバムですよね。」

華「華と莉音買ったよね?」
莉音「買った。」
森「おっ!?何、田口達?まだ入る前に?」
華「入る前に買って。」
森「その前に買わなきゃいけなんですか?君達も。やっぱり。」
華「交換して観たんですよ。」
莉音「あ、そうそう。」
最愛「あーなるほどね。」
森「はいはいはい。へぇ。どうでした。そん時には決まってたの?さくら学院に入ることは?」

莉音「あの、ヴァレンタインライブの、リハーサルで初めてみんなに会いました。」
華「そうだ。」
森「あーそうなんだ。」
最愛「あーそうだ」
森「じゃ決まってるのに買わされたんだもぅ、あの貰った、たったりしないんだ。」
莉音「貰ったし、買いました。」
森「あっ、自分でも買ってね。へぇー。どうなのこのメンバーの中に入る気持ちみたいなのはどうでしたか。」
莉音「んー、特にない。」(笑)
森「特にねぇのかよ。磯野マジかお前。」
華「やばかったよ。本当に。もぅねぇ、生きてて一番緊張して、もぅ何もしゃべれなくなるしさ。えーでもだって、さぁ、結局さ、もぅなんかさ、この10人でやってたのにさ、自分たちが入るとなるとさ、なんか嫌がられたらどうしよう。」(笑)

森「実際、嫌だったメンバーいます?歓迎してました皆さんちゃんとこの後入ってくる。」
華「全然いなかったよね。」
由結「うん。」
森「どうなの?嫌だなぁ、あの娘なぁ。あの活気のある娘嫌だなぁみたいな。嫌かなぁリアルにどう?」

最愛「あの、でもやっぱり私たちは10人でずっと活動してきたから、正直転入生が入ってきてどうなるかも解んなかったし。」
森「そっかぁ。」
最愛「その関係を、築くのがすごい大変だったので、入ってきてどうなるかもすごく不安だったんですよ。」
森「へぇ。」
最愛「でも、入ってきて、本当に華と莉音が最初の転入生じゃなかったら、何か、転入生制度を受け入れてなかった、ていうか。」

森「あっ、なるほどね。そこにもし野津が来てたらすごい嫌だったなぁみたいな。めんどくさく人嫌だなぁ、みたいな。なぁ。そうやって思われてたんだなぁ生徒会長にな。」
友那乃「ちょっと今、誤解を招くような。」
森「なぁ。普段厳しかったなぁ。」
最愛「本当二人がすごい良くて。」

森「そお。俺でも最初ね、転入生がくるって聞いて、ま、ひとりは大人しくて、ひとりはふてぶてしいって言われて、なんかね磯野が入ってくるのが心配でしょうがないって。ペースを乱すんじゃないかって職員室の皆さん思ってたみたいですよ。」
最愛「へぇ、そうなんだ。」
華「頷いてる。」

莉音「人見知りすぎて、あの、人前で何か発表する時に、必ず泣いていました。」
森「えっ嘘でしょ。」
莉音「本当に無理でした本当に。」
森「人見知りって印象ないよね。磯野に。」
莉音「人としゃべんのが無理でした。喋りかけないでくださいってオーラ出してました。」
森「でも俺も覚えてる。あの楽屋で田口だけは話してくれてんだけど、磯野とは俺半年くらいちゃんと口きいたことないもん。」

莉音「森先生を知らなかったんですよ。」
森「いや、いるんだから知ってるでしょうが。」
莉音「楽屋に入った瞬間この人誰?って思って。」
森「いやいやいやいやいや、半年間楽屋にいるやつを無視し続けるって、どういうことだよ。本当に。」
莉音「途中からあの先生のことに気づいたんです。」
森「えっ。ずっとなんだと思っていたの俺のことを。」
莉音「誰かな?と思ったんですけど。」(笑)
森「誰かなぁ?と。あの舞台上の明るいおじさん誰かなっと思ってたんだ。だったら頷けるは。どうも不審者扱いされてるなと思ってましたけれどもね。」

森「さぁさぁちょっと年表に戻りますか。まだ野津がね入ってないですね。はいはいはい。アルバムがあって。まぁそうか、えーリリースあって。Twinklestarsがメジャーデビュー。7月23日に"さくら学院2011年度 New-Departure-"で田口、磯野が転入と。その後に、2ndシングル" ベリシュビッッ"というね、えー、シングルを発売しまして」




森「じゃ次のページいきますか。」



森「2012年。はい、すいません。さぁ、こっからですよ実はさくら学院が何とうねりというか、色んな事がね、起こりだすんですけれども。ここでね、初めてこう卒業生が現れる訳ですよね。ね。あのまぁあのさくら学院のシステムはね、あのそう中学3年生になったら必ず卒業して、えー、それぞれの道に進むというね、本当に学校みたいな、えー感じでございますけれど。それどうだった?卒業する人を見送る感じ。ってどうですか気持ち的には。」 由結「最初は全然実感がなくて、何か卒業って言われてるけど、本当に3人が卒業するのかな?って半信半疑な状態だったんですけど。」

森「なんかしかもさぁ、あの3人すごっ、なんかすごかったじゃん。グイグイだったじゃないですか。いなくなるのが、もぅちょっと信じられなかったよね。」
最愛「なんかもしかしたら留年とかあるのかな?とか。」(笑)
華「そう思ってた。」
森「そうですよね。それこそ水曜日を担当する武藤とかね、頭が本当に悪くて。これは本当に留年させ、させた方がいいんじゃないか。こいつ卒業させて世に出しちゃダメなんじゃないかと、思うくらいのね、人でしたからね。」




友那乃「因みにその卒業ライブ、あの転入生観に行きました。」
森「あっ、野津は観に行って、どう、どういう感想をもったの?。」
友那乃「ね、ね、眠かった。」(笑)
森「眠かった出たぁ。えー、あの感動のライブに眠るやついるんすか。うわぁ大物だぁ。本当だ。よく入ろうと思ったなぁ、さくら学院になぁ。えーでもまぁちょっとあるじゃんプレッシャーとか。その人達が抜けた穴を、私たちが埋めるみたいな事でしょだって。」
全員「うん。」

森「その次のね、あの転入生が野津と、大賀と杉本、まぁ杉本はねあのちょっと途中であの、自分の道をえー歩みましたけれども。そん時、そういうのプレッシャーとか無かった?」

友那乃「えーでもなんか、ただ単に入る、さくら学院に入るって決まった時は、やったーアイドルなれる。みたいな感じで、嬉しかったていうか、全然プレッシャーとかは無かったです。」
森「あっ、プレッシャー無かったんだ。すごいねぇ。入ってきたばかり。」(笑)
森「杉本さん、イライラしてるんだよね。」

森「どうですか?あのその入ってきた野津、最初の印象とか。」
華「でもさぁ。」(笑)
森「まぁいいよ、田口どんどんしゃべってよ。」
華「だってさぁ、この代の、転入生、ま、今は大丈夫だけど、入ってきた時にさぁ、あんまり練習していかなくて來麗ちゃんが超怒ってて。」
森「飯田來麗がね。」
華「そう。」
森「確かに聞きました。この代のメンバー、それこそ磯野じゃないけどふてぶてしいというか、だっていっぱい振り付けをね、やんなきゃいけないのに全然練習してこないっていう噂は、聞きましたよ。なんだそれは。どういうことだ野津。」

友那乃「えーっ、練習はちゃんとしてました。」
森「あっ、センスがなかったんですか。センスね。」(笑)
友那乃「あの転入生どうしで集まって練習とかはしてましたけど。」
森「あっ、してたんだ。」
友那乃「してたんですけど、多分本当に、あのセンスがなかったんですよ。」
森「センスがごめんなさいね。そんな言い方をね。」

莉音「路上で練習しましたよ、路上で。」
森「家でやれよ、なんで路上何だよあえて。」
莉音「路上で、音楽かけて練習しました。」
森「えーっ。周りの人とかに見られなかったの?」
友那乃「見られましたよ。」
森「見られたの。」
莉音「ダンス上手ねぇ。って言われました。」
森「何、かわいそうな人を見る目で見られてたかもしれませんけどね。」

森「さぁさぁすいません。どんどんまた年表の方を、見ていきますか。すいません色々。そうですね。ま、卒業というね、えーことがありまして。もぅ今でも会ったりするの?卒業生とかは。」
最愛「全然会いますよ。」
森「あぁ、会うんだ。じゃあんま寂しくないんだその辺は。」
最愛「そうですね。」

森「えっ、水野何か言いたいことあったら。私は寂しいんだと。」
由結「卒業生ですか。」
森「卒業生がいなくなって。」
由結「えっ、そりゃもぅ。」
森「そりゃもぅやっぱりそうなんだ。」
森「でもまぁ、今年はね、もう、もうすぐですか。3月に。ここにいる4人が卒業するという。じゃ良い機会ですよね、こういう番組で皆ね、そのねぇ、さくら学院ってやっぱイベントが少ないでお馴染みだったりするじゃないですか。何か解かんないですけど。ねぇまぁ1回1回のライブを大事にしてるから、ま、こういう場面でねぇ、えー、どんどん柔らかくしてね、行きましょうよ。はい。」

森「さぁさぁさぁ。そして卒業で、えー、野津が転入してきたと。」
友那乃「はい。」
森「はい、そして中元すず香ね。えー、生徒会長になりまして、堀内まり菜が副生徒会長、飯田來麗が副々生徒会長に就任したと、いうことですよね。そぅ中元は、とはどうですか。特に君らはしょっちゅう会ってるじゃないか。中元。」
最愛「だいぶ会いますね。」
森「どうだ、元気してるのか?」
最愛「超元気ですよ。」
森「あっそう。」
最愛「あんま変わらない。」

森「あっ変わらないんだ。相変わらずちょっとあのトンチンカンなこと言い続ける感じでしょ。あのすごいよねぇ。Babymetalの何がすごいって、やっぱり中元をうまくこうしゃべらせないってのが、すごいですよねあれは。あのしゃべるともぅイメージが崩れる可能性がだいぶありますからね。うん。全然違うじゃん、舞台上とね、裏とではね。うん。でも色々活動もしてる訳でしょ、3人で。イラっとする時はないですか?その3人で一緒にいて。」

最愛「あっ、でも1回だけ、あの、Babymetalの曲の中で"メギツネ"って曲があるんですけど、曲の最中にどこだったかなぁ?どっかのフェスに参加してる、海外のフェスに参加してる時に、あのぉキツネのお面を投げるシーンがあるんですよ。投げるシーンで最愛の頭にガンっと!ぶつかって。」(笑)
森「どういうコントロールなんだあいつ。」
最愛「なんでしょねぇ、運動音痴なのかなぁ?」
森「運動音痴なんです。あいつね、歩くのもままならないらしいですからねあの。うしろ飛びとかもぅエビみたいになったりする、中元ですからねぇ。まぁそんな生徒会長の元、第2、えー第2ステージというかね、第2期のさくら学院が始まりまして。」

森「はい、そして続いてどうなるんでしょうか、はいはいはいはい。"Tokyo Idle Festival"で、ま、テニス部が発足と。ね。テニス部はこの中にいますよね。」
由結・友那乃・華「はい。」
森「はいはいはいはいテニス部、どうですか?」

友那乃「今、活動停止状態でして。去年の卒業生がテニス部とかに入って、部長がいなくなっちゃったんで活動が出来てない状態なんですけど。」
森「それは部員の不祥事ではないですね別にね。あの活動停止になってるのはね。あのメンバーが今ちょっと色々ね、あの新しい部員を募集してたりとかする、段階でね。はいはい。」 友那乃「とりあえずラケット振り回して踊ってるって感じでなんで。」
森「雑だなぁ。お前。ある?さくら学院内。ある。確かに、ありますね。はいはいはい。」

森「さぁ続いてじゃぁどんどん見ていきましょうか。これ今、もぅだいぶ時間がねぇ、もぅ経ってますけど、どんどんいきましょうか。はいはいはいはい。おっ、今カンペが出ましたよ。あの色々昔の写真とかも振り返りたかったんですけど、あのそれが、トラブルで中止になりました。」
全員「あー。」(笑)
森「言っちゃいますけれども。えー、色々バタついてます。バタついてますね、スタジオ。はい。」



森「そしてえー2012年、えー科学部の、が発足と。科学部は磯野ですよね。」
莉音「はい。」
森「科学部は大丈夫ですか?」
莉音「科学部はあのぉ振りとかがすごい細かくて、トレーニングが大変だったんですよ。 だから、すっごい話し合いとかがあって、ここはこうしよう、こうしようとか、沢山あの三人で話し合い、で、本当に二人がすごすぎて、全然ついていけなくて。すごい。」
森「あっ、堀内と佐藤が結構、すごいんだ。」

莉音「はい。だからめっちゃ泣きました。本当に。」
森「えーっ!?」
華「でもね、でもね、華が初めて科学部観た時に一番ダンスが上手いなと思ったの莉音。」
森「あっそうなんだ。逆にじゃぁもぅ堀内の立場がなくなってしまってね、それはねぇ。でも磯野ってさぁまぁ、ねぇよくライブを来てくれる方はご存知だと思うんですけど、卒業式で唯一泣かない、んですよね。」
莉音「はい。」
森「ただ普段めちゃくちゃ泣いてんの?お前は。」
莉音「いや、あの、なんか、悔しいことがあると。」
森「あっ、悔し涙、その寂しい涙よりもそっちの、お前男気があるのじゃないの磯野っていうのはね。」


森「はいはいはいはい。さぁ次行きましょう、科学部の後は、どうなっておりますか?えー、4枚目シングルは" Wonderful Journey"をリリースということで。」




森「えー、10月1日、科学部の名前が決定。他に無かったんですかねこれ。この2012年こんだけしかない中で、名前が決定というニュースになるんですかね。」(笑)
友那乃「しかもしかも、あの、先に、テニス部の方が、先に出来たんですけど、なのに何故か後に出来た科学部の方が名前決定しちゃって、テニス部はずっと名前が決まらなかったんですよ。」
森「なるほどね。」(笑)
森「野津って結構そういう不憫な思いしてますよね、いっぱいね。」
友那乃「何でもしてますよ。」
森「テニス部寂しい会になっちゃったんですね、はい。」
森「そして続いて、えー、あっ一応ありますね。テニス部の名前が決定"さくら学院祭☆2012"で"Pastel Wind"というね、これはもぅどうでもいいでしょうじゃぁもぅ。はいはいはいはい。」(笑)

森「続いてどうなってます?続いてどうなってます?はいはいはい。もぅ僕が続いてどうなってます?って言う度にね、あっちがもぅ慌ただしくなるからね。えースタジオの方が 。」



森「あっ、出ました。1月9日、Babymetalがメジャーデビューと、いうことですけどね、Babymetal。すごいよね今ね、今ってか今更ですけど。君らってな、な、な、な、どうやって生きてんの?Babymetalってさだってもぅ、ねぇ全世界回りながらさ。」
最愛「えっでも何か、Babymetalは私たちにとって、何か、さくら学院を広める武器っていうか、なんか直接的な活躍することによって、さくら学院を広め、さくら学院を、ん。Babymetalだったのはさくら学院なので、私たちがさくら学院を広めたいなていう気持ちをずっとしてるんですけど。」
森「すげぇー。あっさくら学院にこの活動することをすることで、還元しようという思いがある。」
最愛「えっ、もちろん。」
森「素晴らしいですね。だってすごいでしょ。はいはいはいはい。」

森「じゃぁ、あのじゃぁ次行きましょうか。はい、解りました。はいはい、ちょっとねえーえーえーえー。色々ちょっと、あのザワついておりますけれどもね。えー。」

森「" My Graduation Toss"がリリースされまして。」




森「えー、続いて3月31日に、えー"The Road to Graduation Final-さくら学院2012年度 卒業-"で、中元と杉本が卒業するという。ま、毎年別れがありますからね。」




森「うーん。そう、野津とかはどうだった、杉本とか同期だったけれども。出ててしまう時の気持ちとか。」
友那乃「なんかあの本当卒業式の、1ヶ月くらい前に、あの本当寸前に、あの杉本愛莉鈴が卒業するっていうのを聞いて。」

森「あっ、そうなんだ。知らなかったんだねずっとね。」
友那乃「だから、なんかもっと一緒にいる時間大切に出来たのになぁって思って。」
森「あっ。だいぶ、雑に過ごしてしまった訳ですねぇ。もぅ適当にやってしまったとか。」
友那乃「そう、そういう訳じゃないんですけど、ただ性格が問題、あっただけで。」
森「野津がですか?」
友那乃「はい。」
森「はい、だいたい伝わってきますけどね。もぅ顔でフォローしてますけど、すごい雑、ねぇ雑な人なんですよね、野津さんはね。」

森「さぁ続いて、えー卒業がありまして、またここでメンバーが、5月に、転入してくると。白井、山出。白井沙樹と山出愛子がね。で、そして堀内が生徒会長なりまして、飯田がパフォーマンス委員長、杉崎がトーク委員長、佐藤がムード委員長と。毎年そのなんかね役職がね、色々あるんですよね。はいはいはいはい。はいはいはい。いつもどうなんですか、役職を、貰うじゃない。生徒会長、パフォーマンス委員長。」

水野「あー。」
森「えっ!?違います。」
水野「プロデュース委員長。」
森「プロデュース委員長、ごめんなさい、ごめんなさい。」
水野「あーもぅひどい。」
森「いやいやいや俺。」
水野「今のイヂワルはひどい。」
森「水野がそういうのをやると、俺すげぇ叩かれやすいからね。それ本当に。」

森「まぁまぁ、ねぇ、あのプロデュース委員長。気合い委員長。トーク委員長。それどうやって実践していってます。」
全員「えっ!?えっ!?」
森「なんか日々こうなんかプロデュース委員長って、まぁさっき名前から聞くとまぁそんな解んないですけど、日々そのプロデュース委員長の為にやってることってあるの?」

水野「あっ、任されてるお仕事は、あの、セットリスト。」
森「セットリスト。曲順ね。ライブの。」
水野「ライブのセットリストを、毎回考えてます。」
森「プロデュース委員長の主な、仕事。はいはい。」
水野「はい。」
森「あと気合い委員長はなんですか?」
華「えっ。気合い委員長は、えっとね、ライブの前に円陣組んだり、あとは、レッスン中に気合いを入れたり。」
森「はいはいはい。気合い入れるって例えばどうやってレッスン中って。」

華「気合いの入れ方解んない。」
森「解ってねぇのかよ。じゃ何を入れてんだよお前は。よくね、みんなライブ前に背中を叩き合ったりしてますけど、俺、一番よく見るのは田口が一番背中を叩かれてるのを見ますけれどね。」
華「先生。先生。」
森「気合いを入れられるとこをよく見ますけれどもね。はい。」
華「書記も。」
莉音「あっ、書記ね。」

森「気合い委員長なのにそういうチマチマした、こともやるんですね。へぇー。気合い委員長という。」
華「はい。」
森「そしてトーク委員長。」
友那乃「はい。」
森「今日は、ねぇまったく毒舌しか吐いていないトーク委員長。」

友那乃「はい。トーク委員長はですねぇ、基本的にライブのMC、曲のMCとかの流れを全部考えて、何かあの娘にこのセリフを言ってもおうとか、そういう事を考えてます。
森「えっ、トーク委員長が割り振ってる訳?そのおしゃべりの。」
友那乃「そうですね、はい。」

森「あの、じゃぁ、結構後でこぅ反省会とかするも訳。トーク委員長仕切りで。」
友那乃「あーでも、リハーサルで、ここは、あのちょっとNGワードだから言わないで。みたいな、事とか。」
森「誰が何を言ったんだろうそのリハーサル中にNGワードをね。」

森「はいはいはい。因みに今日の、トーク。このまぁまぁ。もぅずっとこのねぇ。今30分くらいしゃべり続けてますけど、今日はトークどうですか。トーク委員長は。」
友那乃「なんか、ちょっと長過ぎませんか。」(笑)
森「俺へのダメ出しじゃねぇの解んないけど。確かに。いっぱいコーナーとかあるのに。もぅ、ねぇ、45分とか50分くらいにはねぇ、この番組終わるという予定ですから。」

森「はいはいはいはい。じゃあじゃあじゃあ、行きましょうか。はいどんどんどんどん。じゃ次の歴史も。はい。もぅこの辺はまぁ最近の出来事ですから。端折っていきましょうか。ねぇ、3周年記念ライブね。武藤彩未がサプライズ登場というのがありましたりとかね。」


森「はい。じゃぁ続いて2014年。はい2014年いってみましょうか。」
(年表が戻ったりするハプニング)
森「はい。またメジャーデビューとかね。はいはいはい。いいですよいいですよ。こういうところをちゃんと回避するのがトーク委員長。」



森「はい。じゃ2014年。" Jump Up-ちいさな勇気-"リリースしまして。」




森「でまぁその、あの、ね、その菊地たちの代の1個上の堀内、飯田、杉崎、佐藤が卒業したと。これがね、なかなかちょっと、ま、さくら学院の、こぅらしさというんですか。ま、みんなやっぱりこうさ、こうね女優になりたいとか、声優になりたいとかいう中で、杉崎というのは看護婦になりたいと言って、卒業していって本当の学校みたいだよね。感じがこれは俺がすごくなんか素晴らしい決断というか、あっ、そのやるなかで色々見つけたんだなと、思ったりもしましたけどね。」





森「じゃもぅ君達らもそろそろ進路を。まぁまた、俺これ違う、これ取っとこう。ごめんなさい。今、正直言いたくないけど、やっぱ考えたりしてますか?今の段階で。」

最愛「でも、なんか、今までずっとさくら学院の為に生きてきたから。」
森「さくら学院の為に生きてきたんですね、菊地は。おー。水野も。」
最愛「さくら学院の事だけを考えて。」
森「僕もです。僕もです。」
最愛「ですよね。」
森「ですです。はい。」(笑)
最愛「生きてきたので、正直この先、何をやるのが一番良いのかとか、まだ全然決まってないですね。」
森「なるほどね。」

水野「由結も全部さくら学院中心の生活だったので。」
最愛「うん。」
森「あっ、そうなんだ。」
水野「それが無くなると思うと。なんでなんだろう。」
最愛「ね。」
森「へぇー。」
華「暇になっちゃったらやばい。」
森「暇になっちゃったら。リアルですね、田口さん。大丈夫ですよ。ねぇ。」

友那乃「ウチらここ全員勉強あんま出来ないグループだから。」(笑)
最愛「私、学校ちゃんと行ってる。」
華「(最愛・由結を指して)この二人は勉強出来ると思う。」
森「この二人勉強出来るの?じゃそこの進路もちゃんとね、視野にも入れないとね。野津は心配ですねぇ。本当にねぇ。」
友那乃「えーっ、友那乃は平気だよ。」

森「学年末テストでいっつもヒドい点数だよねぇ、取ってる野津ですから。本当に。」
友那乃「えっ、だって学年末テストは一般常識じゃないですか、さくらの学年末テストは。だから、その一般常識がちょっと無いだけで、学校のテストは大丈夫です。」
森「一番ダメじゃないか。一般常識ない奴というのは。お前と絡むの怖いわお前、大人になった時に本当にね。」

森「さぁさぁそういうことでねぇ、まぁじょじょに、それはまぁ色々今後聞いていきましょうかね。その進路の事何かはね。」
森「さぁさぁそして、続きまして。はいはい、先ほど言いましたそれぞれのね、えー5月5日にまぁ転入式で、今度、倉島颯良と岡田愛が転入してきまして、そっから新体制ね。菊地生徒会長を、始めとする、さっき言ったあれね、あのぉそれぞれの役職に就いたと。」 

森「そしてその後9月に、プロレス同好会、発足しましたね。プロレス同好会。ここにいます?プロレス同好会、誰ですか。」
華・莉音「はい。」
森「そう、田口と磯野。ちょっと簡単に言って下さい。プロレス同好会。何ですか。」
華「プロレス同好会はえっと、華がずっとプロレス好きだったんですけど、やってくれる人がいなくて、タッグパートナーとか言って勝手に誘って、そうそしたら、あのね、本当にね、あの口に出してずっと言ってたら、願いがね、叶ったの。」

森「あっ、そうだね。田口はずっとね、ライブでプロレスが大好きで、ずっとこのプロレスラーの言葉を引用して自己紹介としてね。」
莉音「早く出させて下さい。」
森「何だ、出していいよ。何々磯野。」



友那乃「うわーっ。」
森「はいはいはいはいはい。また野津に被せたら野津が怖いから。野津のプレッシャーが。」

森「あっこれすごい、Tower Recordの、ね、ポスター。ついにこの真ん中に入るのはどなたですか。」
華「(オカダ・カズチカせんしゅ)」
森「声を張りなさい。選手ね。ずっと憧れてて、この人が好きで、この人の言葉をね。」 華「本当だよ。だってねぇ トークイベントで会えたんだよ。」
森「すごいですね。滑舌は、興奮するとダメな、本当。水野あ、菊地の立場になってやれお前。この状況でお前オカダさんに被らないように。」
森「すごいね。じゃぁこれ本当にねさくら学院にね、徐々にね小銭を降らしてる訳ですね、ちょっとね。あの、こういう仕事が増えたりとか、もぅ素晴らしいと思いますよ。こうやってねどんどんね、自分の仕事の幅が、広がっていくという事で。そうかそうか、そういうのもね、もしかしてね進路に取り入れたりしてもね、面白いですし。」

森「磯野はどう。楽しんでやってんの。」
莉音「いやぁ楽しいですよ。」
森「プロレス同好会。」
莉音「はい。」
森「絶対楽しくないテンションで言ったな今なお前なぁ。」

莉音「いやなんかあの、本当に、選手の人たちが、もぅおっきくて。」
森「大体おっきいだろ。大きさだけ。」
莉音「すごいびっくりしたんですよ。」
森「おーっ。マジで。」
莉音「あとちょっと、あの前向きなレスラーの選手とかのお話が聞けて、勇気付けられますね。」

森「あのさ、俺ちょっと小耳に挟んだんだけどさぁ。二人でなんか対談とかしたんでしょ、そのプロレスラーの方と。」
華・莉音「うん、そう。」
森「で磯野がさぁ、痛くないんすかねぇ。みたいな感じさ、もうさ、すげぇ空気読まないで言ったっていうの聞きましたよ。」
莉音「あの、ビンタは痛いって聞いたから、言ったら、本当にビンタされそうになりました。」
森「マジで、危なねぇ。さくら学院にねぇ、ビンタNGですもんねぇ。さすがにねぇ。アイドルにビンタするプロレスラーってなかなか見ませんけど。」

森「ちょっとねぇ、ここで悲しいお知らせというか、本当今日ねぇ、4つくらい、あのコーナーがあったんです。」
最愛「本当ですよ。色々。」
森「ただもぅあの、エンディングのお時間です。」(笑)
全員「いやだー。」
森「あの大丈夫!?もぅ緊張終わった?もぅ。」
華「終わった。」
森「またさぁ、俺しゃべり過ぎちゃったわ、この感じ。ヒヤヒヤして。大丈夫ですか楽しかったですよね。」
全員「うん。楽しかった。」
森「結構早くない。ねぇ。どうしよう。まだ話してないことエンディング。」

友那乃「はい。」
森「あっ、あっ、野津何だ。野津何だ。」
友那乃「あの、プロレス同好会と同じ時期に購買部も出来ました。」
森「購買部?それは言わなくてもいいですか。それは。どうたしたんですか、何か、何か言いかけた。」
由結「えっ。さっき言ってたんですよ。先生プロレス同好会しか言ってなかったって。」 森「お前、俺を責める時だけ饒舌になるの何だ。」

森「購買部もそうか、同じ時期にね。はいはいはい。じゃあ、言って下さい。購買部の良さ。」
友那乃「購買部の良さですか?えっとですね、さくら学院の物販が購買部が、出来てからちょっと良くなったって。」
森「あっ、マジで!?」
友那乃「売上が良くなったっていうのを、あの、マネージャーさんから聞きました。」
森「あー、ただ本当にねぇ。購買部が出来てからねぇ、野津のトークがねぇ、もぅ金にまみれてるというね。もぅトークでカネカネよくもぅこれがねぇ、お馴染みのポーズですからねぇ。購買部の。」



莉音「華が何か言いたいって。」
森「ナニナニナニナニ、ナニナニナニ」
森「やばいですよ。上手くいってますか?ここ二人プロレス同好会。ナニナニナニどうした?」 華「さくら学院、華の。」



森「もっと張ってくれよ、お前頼むからよぅ、お前。」
森「そうか、被ってるんだな。コレ(購買部のおカネポーズ)と、コレ(プロレス同好会のポーズ)とがな。何かな。もぅどういう学院なんだもぅ、カネの話しばっかりね。」

森「はいはい、もぅ時間が無いですか?時間が無いですか?あとやっとく事は無いですか?もぅ、エンディング。はい、帰りの会でございますけれども、はい。」
森「ちょっと、感想言っとく? それぞれ感想聞きますか?じゃあ。ねぇ。とりあえずとりあえず感想いきましょう。どうですか?ひとりずつ言うか。」

全員「・・・はい。」

森「よしいいぞ。この沈黙耐えてみせるから。この生放送感で行こうぜ。」
友那乃「えっ、でも、最初はやっぱりすごい緊張してたけど、段々すごく楽しくなってきて、これからもっともっと、さくら学院の良さを皆さんに伝えられたら良いなぁ。ってすごく思います。」
森「まとめてきたなぁ。野津なぁ。トーク委員長が、初めて仕事をした瞬間でしたけどもね。他は何かありますか。感想。」

莉音「生放送が、さくら学院初めてなんですよ。」
森「あっ、そうなんだ。」
莉音「だから、なんか生放送ってこんなんなんだなっていうのが。」
森「そうだね。色々トラブル楽しくない?何かね。観てる方はどうだったんですかね、これ。観るに耐えてたんですか?これは。あの、この、お偉いさんは頷いてますけれども、来週からクビ飛ばされてるとかやめてくださいよ。はい。」
森「その辺はちょっとねぇ、さくら学院起用した奴は誰だ?って責任取らされるみたいなね。あと俺が消えてる可能性もありますからね、あのね。来週からね。解んないですけどもね。」

森「はいはいはいはい。じゃあ菊地も言っとけよ。もぅ何か観てる方に。」
最愛「はい。えっとこの番組によって、ちょっと色んな、色んな方がさくら学院の事を知ってもらえる。って思ってそれがすごく、嬉しいのと。私たちまださくら学院はあと5人いるので、その娘たちの、なんか面白い所を観て頂けたら、この番組によって、色んな引き出しを開けて頂けたら嬉しいな、って思います。」

森「あ、そうだね。そうだね。じゃ最後さ、ちょっと引き出しを開ける意味でも、水野に1分間しゃべってもらおうよ。」
全員「おーっ!」
水野「やめてください。」
森「水野は最後締めるみたいなさ。」
水野「あー、えっと。」
森「大丈夫。大丈夫。水野の画はもつから。意外と、こう意外とこうやって。」

水野「1分間。笑顔で。」 
森「正気か。すげぇな。お前なぁ。まっでも、告知とかもあるでしょ。プロデュース委員長からなこう何かこう告知とかちょっと言っとこうよ。告知。うん。」





水野「えっと。3月4日に、華の誕生日なんですけど、" 仰げば尊し"をリリースします。」
森「あーっ。"仰げば尊し"がね、次のニューシングル。はいはい。」
水野「DVDシングルになってるんですよ。」
森「DVDシングル。じゃ映像の楽しめる、内容になっているというね。」
森「もぅ水野がね、ずっとこういう、こぅ揺れながらのトークがね。すごいですね。モジモジしながらね。」
水野「揺れるんですよ。」
森「いや、お前が揺らしてんだろ。揺れてる訳じゃありませんからね。」

森「はい、他に言いたいことないですか。もぅ終わっちゃいますけど。」
ゆなの「もぅそろそろ終わってくれということに。」
森「終わってくれ。」(笑)
森「野津が空気を読みましたね。」

森「はい。でも、まぁ毎週やりますし、公開授業とかもね、これからいっぱい控えてたりしますし、まぁ卒業式に向けてのLiveもたくさんありますので。うん。是非、さくら学院をねぇ。知ってください。そして絶対損はさせませんよね。」
全員「はい。」

森「この娘たちを好きになって、そしてまぁちょっと短い間かもしんないけど、卒業を是非ね、あの見送って頂きたいと。本当に。まぁね、ね、さくら学院の父兄さんと呼んでるんですけれどもね。その来てくれてる、あの優しい皆さんを。是非、父兄さんになって頂いて、ちょっと見届けてね、えー、頂きたいと思います。」

森「さぁ、そうことでじゃぁ、えー、以上でございますね。さくら学院の"放課後!学んでマンデー"でございました。」
森「じゃ、田口最後一言。」
華「1、2、3、」
全員「だぁー!」
森「こっから始まるみたいだねぇ。なんかね。」
全員「ありがとうございました。ばいばい。」



森「大丈夫ですか?大丈夫なんですか?テレ朝さん大丈夫なんですか?これ。」







[Links]
さくら学院 Official site
http://www.sakuragakuin.jp

Babymetal Official site
http://www.babymetal.jp

LoGiRL
http://logirl.favclip.com/


[Hash tags]
#さくら学院 #Babymetal #武藤彩未 #LoGiRL


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...