2015年4月17日金曜日

[R]10.武藤彩未2ndアルバム「I-POP」めちゃくちゃPOPでとにかく可愛いので聴 くしかない!(全力レビュー)



ソロデビュー1stアルバム「 永遠と瞬間」から1年、
2015年2月25日、武藤彩未2ndアルバム「 I-POP」が発売されました。
そして4月29日には、バースディライブ「Birth」(渋谷公会堂)が開催されます。
より可愛く、よりPOPに!そしてバラエティ豊かになった、2ndアルバムを紐解いていきましょう。

[1stアルバム「永遠と瞬間」の記事はコチラ]


まず収録曲から
1.パラレルワールド
2.Daydreamin'
3.Doki Doki
4.ミラクリエイション
5.風のしっぽ
6.交信曲第1番変ロ長調
7.未来へのSign
8.OWARI WA HAJIMARI
9.宙(Live at 赤坂Britz 2014.12.27)[Music盤 Bonus track]




以下カッコ内は(作詞/作曲/編曲)
■1.パラレルワールド
(Agsai/本間昭光・nishi-ken/nishi-ken)
2ndアルバムのリード曲。エレクトロ色全開で、前向きな歌詞、どっしりとした極上Popソングに仕上がってます。MVは1camera1takeの人力撮影で素晴らしい出来ですので是非観て頂きたい! "みんな巻き込んでハッピーエンド"

MV[「パラレルワールド」(YouTube)

■2.Daydreamin'
(Agsai/本間昭光/篤志)
ミドルテンポの曲の中に早口言葉のように、ぎゅっと詰め込まれた作詞が面白い。4つ打ちのリズムがぐわんぐわん体に響き、呪文のように歌われる切ない歌詞畳み掛けてきて癖になります。早口でレコーディングが大変だったみたい。

■3.Doki Doki
(中村彼方/川島可能/篤志)
ドラムの気持ち良いリズムから始まる、昭和っぽい香りのハイスピードソング。アルバム中、唯一の"中村彼方/川島可能"作になっていてアルバムの中では異色曲。サビで"Doki Doki"が繰り返し繰り返し出て来きてドキドキした時の緊張や興奮が伝わってきてテンションあがります。"見つけました"とか"追い求めました"とか言い切る感じの歌詞が面白い。

■4.ミラクリエイション
(Agsai/本間昭光/nishi-ken)
ドリーミーなイントロのワクワク感がたまらない。歌詞はほろ苦い気持ちを可愛らしい言葉で表現してるのが面白い。ゆったりとしたテンポで、彩未ちゃんの可愛らしい歌い方がピッタリ。だんだんと元気が出て来る、そんな曲。

■5.風のしっぽ
(三浦徳子/KAY/太田雅友・EFFY)
ピアノアレンジが美しい。1stでお馴染み三浦徳子氏のリリックは2ndでは唯一。胸が痛い気持ちを"何も無くて 退屈なより"いいじゃないってのが良いですねぇ。ライブではすでに定番になっております。

■6.交信曲第1番変ロ長調
(森雪之丞/Takeshi Asakawa/篤志)
"風のしっぽ"同様、1st発売直後からライブで演奏されていた曲。スピード感があり、ライブ用に書かれた曲で、オーディエンスとのコール&レスポンスが加わったパフォーマンスは最高です!今作では唯一の森雪之丞氏作詞曲。韻の踏み方が特徴的。とかとか。

■7.未来へのSign
(稲葉エミ/本間昭光/nishi-ken)
稲葉エミさんの歌詞は心が暖かくなりますねぇ。3月に高校を卒業した彩未ちゃん。「 武藤彩未もうひとつの卒業式」でも演奏されて最高でした。"届けたいのは涙じゃなく サヨナラじゃなく Smile"ってのはまさに笑顔の彩未ちゃんのイメージにピッタリ。コード進行はシンプルなミディアムテンポの曲に、nishi-ken氏のツボを押さえたアレンジが素晴らしい。

■8.OWARI WA HAJIMARI
(稲葉エミ/本間昭光・nishi-ken/nishi-ken)
彩未ちゃんソロ曲ではいままで無かったロックアレンジ。作曲は本間昭光・nishi-ken両氏でシンプルなようでいて、細かいこだわりが其処彼処に散りばめられております。そしてやっぱり稲葉エミさんの歌詞がキュンとしますなぁ。"あったかいミルクティーで流しこむ笑顔復活"って良いよね。"OWARI WA HAJIMARI"言い得て妙。さぁまた1曲目から聴こう( ゚д゚)w

■9.宙(Live at 赤坂Britz 2014.12.27)[Music盤 Bonus track]
(mavie/Takeshi Asakawa・本間昭光/篤志)
1stに収録されていた「宙」のライブ音源。このライブはキーボード、ドラム、ギターの編成で行われたライブでして、原曲はどちらかと言うと人間味をあまり感じない乾いたデジタルっぽい雰囲気でしたが、バンド編成での演奏だとヒューマンパワーな野性味溢れる雰囲気になって面白いです。


1st「 永遠と瞬間」は統一された雰囲気のハイセンスなアルバムでした。2nd「 I-POP」は彩未ちゃんの引き出しを全部ひっくりかえしてごちゃまぜにしたような、バラエティに富んだアルバムになってます。タイトル通り、めちゃくちゃPOPでとにかく可愛い!新しい作家陣も加わってよりパワフルになりました。また時間のモチーフは引き継がれていて、1st-2ndと通して聴いてみると、新たな発見があったりして面白いです。





4月29日、10代ラストとなる武藤彩未バースディライブ「Birth」(渋谷公会堂)が開催されます。ソロ初のホールライブということで、昨年よりもまた一段と大きくなって帰ってきた彩未ちゃん。"二度とはこないこの瞬間"(OWARI WA HAJIMARIより)を我々もしっかりと予習して備えましょうw"ソロで1番"に向けて前進を続ける武藤彩未ちゃんを応援せずにはいられません!





[Links]
武藤彩未 Official site
http://www.mutoayami.jp

さくら学院
http://www.sakuragakuin.jp

Babymetal
http://www.babymetal.jp

「A.Y.M. Rocks」HP先行(4/13 18:00-4/19 23:59)
http://w.pia.jp/s/muto15hp/


[Hash tags]
#武藤彩未 #LoGiRL #IroDOLi #Babymetal #さくら学院


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...